コロナ対策グッズPart3

最終更新: 8月14日


ここ最近また感染者が爆増傾向にあるここ日本ですが、ただの風邪派とまだ未知のウイルスだから気を付けよう派に分かれてきている気がします。

自分で出来うる対策は全部行った上で生活していければな、と思う次第なのですが…

今回、感染対策グッズの最終兵器と言っても過言では無い(笑)紫外線ランプ付きの空気清浄機を購入しました。

その名も、

光の力で細菌・ウイルスを除去!

岩崎電気 空気循環式紫外線清浄機

FZST15201GL15/16(エアーリア コンパクト)

です!

これは普通のフィルター式の空気清浄機とは異なり紫外線照射によって空気を清浄する為、メンテナンスも簡単で耐性菌を作ることも無いそうです。




中はこんな感じ。

以前から、防音室=機密性が高い密空間という事で、レッスンをする際など、換気を簡単に行える環境では無いことを危惧していました。

基本的に生徒さんにはマスクを着用してもらっているので、飛沫がそこら中に飛ぶという事はないはずなのですが、ここ1ヶ月ほどで結構耳にするようになってきた、大声を出した際などに発生するマイクロ飛沫の瀑布量が増える事による感染リスクへの対応、を、ずっとどうしようかと考えていた時に出会ったのが、今回購入した空気清浄機です。

3密で換気と言われているのがこのマイクロ飛沫による感染対策にあたります。

空気中の主に上層部を浮遊するとされるこのマイクロ飛沫野郎は、高身長の人ほど瀑布量も増えて感染リスクが高まるそうで…、ほんまかいな!?と思うのですが(笑)

換気できる環境であれば空気の入れ替えによってリスクを低減できるのですが、防音室はそもそも換気の事など考えられて作られていないので(窓や扉を増やせば増やす程、防音性能が落ちる)どないしょっかな?と思っていました。

深紫外線がコロナに対して有効である、という事は前から色々な発表を見て情報は得ていたので、コロナ対策グッズPart2では紫外線を照射することの出来る棒を買った訳ですが、その時に他にも色々と探している中に、今回購入したエアーリアのでかいバージョンも見つけてはいました。

ただこれ、マジででかい!設置参考画像を見るとタンスよりでかい!自分の部屋に置いたとすると摩天楼のようにそびえ立つデカさになるであろう高さ1625mm!これは無理や!(笑)と思っていました。

他にも天井付近に空気が循環してきた時に紫外線照射出来る層を作っておく、という大掛かりな工事がいりそうなものや、ウイルスには有効だが人体には無害と言われている222nmという波長の深紫外線を照射する事のできる電灯、エアコンタイプの紫外線空気清浄機、などなど色々と見てはいたのですが、どれも自分の防音室スタジオには向いてないな…、と半ば諦めていた頃に、このエアーリア コンパクトに出くわしました!

7月上旬頃は、即納か納期は長くても1ヶ月位だったこのエアーリア、今購入しようと思うと納期60日以上はざらで、下手すると12月上旬となっているところも多数。

この紫外線清浄機を導入しているところも多いんだろうな、と悠長に構えてもられないので片っ端から電話で問い合わせをしまくって、なんとか1台無事に確保出来た次第です。


ギターと並べるとこんな感じ(コンパクトは高さ806mm)

設置した感想は、思ってた程に威圧感もなく、サラリと部屋に馴染んでて中々にいい感じです。

レッスン中はフル稼働なので、ファンの音がブゥ〜んと中々に良い音出してますが(笑)

てなわけでコロナ対策の最終兵器も無事に導入が終わり、安心してレッスンに通ってもらえる環境もこれで整ったかな?と思っています。

コロナなんかに負けへんでぇ~!!!かかってきていらんけど、かかってこいや!コロナめ!!!!(笑)

51回の閲覧

© 2018 takashi tachibana  inc.  

  • Twitter Clean
  • w-facebook
  • White YouTube Icon